アメリカ

カルフォルニアに留学や旅行へ行く際に知っておきたい!!サンティエゴの交通機関を紹介!!

筆者は、以前カリフォルニアに一年近く住んでおり生活してきたのでその当時体験した出来事などを交えながらお話しさせていただきたいと思います。

ですが、正直言ってカリフォルニアというかアメリカに関しては基本車社会なので現地の人々はほとんど車を使っていますし、もし読者様の中にアメリカでの長期滞在を考ている方がございましたら、素直に国際免許を取得して車で移動したほうが確実でしょう。

では、なぜ今回車以外の交通機関についてお話しするかというと、例えば留学などでアメリカに来る場合やもちろん旅行で来る際には、車を使わないことがほとんどなのでここで紹介しようということです。

さらに、この筆者も先程言った1年間アメリカにいたというのも留学によってのものなので車は自分では使っていないです。

そのため、サンティエゴの交通機関について、在住者目線で紹介しようと思います。

  • バス

    まず基本となるのがバスです。

    これは、日本でも通っているようなものと似ているので全く違和感はないと思います。

    自分はサンディエゴにいたのですが、サンディエゴ内にはかなりの数のバスと比較的どこのエリアにも足が伸びるイメージです。

    また、アメリカの場合高校や大学を中心にしてバス停や後で説明しますが、駅などが集中しています。

    自分が通っていた通っていた大学にも日本の都心の方の駅と変わらないくらいのバス停がありました。

    頻度に関しては、さすがに日本のような10分に一本ほどではないですが、20分〜30分程で来るバスが大半です。

    ただ、一つ注意したいのは休日はエリアによっては運休になっていたり本数が減っていたりするので適宜確認が必要です。

    また、ロサンゼルス市内の方にももちろんバスは通っており、筆者も数回使ったことあるのですが、通勤や通学に使っている人もたくさんいるイメージでした。

    カリフォルニアと言えば、海ですがビーチまで運んでくれるバスもあるのでちょっとビーチまでというのも意外と出来たりします。

    また、料金ですが、バス会社によって少し異なるのですが、サンディエゴの場合は一回乗るたびに1.50ドルです。

    また、アメリカのバスの場合はお釣りが出ないのできっちり持っていく必要があります。

    ここは結構重要です。

    しかし、毎回1.50ドル持っていくのはかなり面倒なのでワンデイパス(5ドル)を買うか、ツーウィークスパス、ワンマンスパスといろいろとバリエショーンがあるのでそれらのパスを買うのが一番良いですね。

    ワンデイはバス内で購入できるのですが、それ以外のパスに関しては駅や大学等に設置してあるパス券売機で購入するのがオススメです。

    留学生の場合は、学生証がもらえると思うので学割が効くと思います。

    細かく移動したいのなら、バスが一番です。

    トロリー

    トロリーと聞くとトロッコみたいなのを想像するかもしれませんが、普通のバスです。

    ただ、あっちではトロリーといったりします。

    トロリーに関しては、基本サンディエゴ内での運行です。

    12th&imperialというサンディエゴのダウンタウンにある駅を中心に運行しているのでダウンタウンやミッションバリーやファッションバリー、ラスアメリカスなどの大型複合施設にも駅があるのでうってつけの交通手段だと思います。

    トロリーの場合、その場で現金で払うということは出来ないのでやはりワンデイパスなどを購入しなければなりません。

    サンディエゴ内のバスとトロリーは同じ会社が運営しているのでバスの際に購入したパスを普通にトロリーでも使えます。

    ただ、路線が細かくなく、ビーチやある特定の場所に行きたい場合にはバスと併行して使わなければならないところがデメリットです。

    サブウェイ

    次は、サブウェイですが、これはロサンゼルス市内を中心とした電車です。

    サブウェイ以外にも電車はあるのですが、長距離移動を目的としたものであまり細々と各駅に止まるというものではありません。

    ただ、サブウェイはビーチの方面であったりハリウッド通りの方にも路線があるので満遍なく移動できるイメージです。

    こちらも、基本日本でいうパスモみたいなパスを一旦購入するか切符みたいな一回乗車カードを発行して乗ります。

    ワンデイは7ドル、一回乗車券は1.75ドル、ウィークパスで25ドルとサンディエゴより少し高いイメージです。

    とはいえ、サンディエゴよりも網羅している部分が多いので移動は楽です。

    観光ならサブウェイで十分まわれると思います。

    Amtrak

    これは、アメリカ中を駆け回っている長距離列車なのですが、サブウェイやトロリーと比べるとやはり価格も高く、自分が使ったサンディエゴ〜ロサンゼルス間は往復で60ドルくらいだった気がします。

    片道30ドルくらいです。

    時間に関しては車と同じくらいか少し遅いくらいです。

    ただ、フリーウェイが渋滞していたら確実にこちらの方が早いです。

    この列車は各地域の大規模な駅にしか停車しないのでロス付近でしたら、大谷選手所属のエンジェルスの本拠地のアナハイムか中心街のユニオンステーションに停車駅があり、サンディエゴでしたら、オールドタウン駅かサンタフェデポ駅に停車します。

    一応、Amtrakにはビジネスクラスとエコノミークラスがあり、もちろん自分はエコノミーなのですが、ビジネスではドリンクやコーヒーが支給されるらしいです。

    後、Amtrakのチケット確認というかアメリカの交通機関のチケット確認は日本みたいに改札機や機械でピッという訳ではなく、バスの場合は乗る際に運転手にパスを見せるであったり、一旦に車内に入ってから車掌さんが確認してきて、持ってなかったら追い出されるという形です。

    トロリーに関しては二人組のポリスが確認するのですが、いないこともしばしばありますが、メキシコ方面のトロリーには移民対策かなんなのかは分かりませんが何故か必ずいます。

    ロスのサブウェイは自分が見た中では唯一改札機がありました。

    話を戻しますが、アメリカを電車に乗りながらゆっくり横断縦断したかったり、カリフォルニア内での長距離の場合はこちらがオススメです。

    まとめ

    今回は、カリフォルニアでの主要な車以外での交通機関を3つご紹介致しました。

    サンディエゴの場合ですと、バス>トロリーという感じです。

    とはいえ、同じパスでどちらも利用出来るのでシチュエーションに応じて使い分けることをオススメします。

    ロスにおいては、こちらもメトロという会社が運営していてパスも同じく使えるのですが、印象的にはサブウェイの方が便利と感じました。

    ただこちらも、使い分けです。

    サンディエゴやロス付近では意外と車無しでも便利に移動できるのでオススメです。




  • パリ近郊の世界遺産フォンテーヌブロー宮殿を写真付きで紹介!! フランスの観光スポット

    メキシコへ旅行行く際に気をつけたいこと!! チップ、タクシー、治安を解説!

    関連記事

    1. サンタモニカピアの観光情報を紹介!! アメリカの観光スポット
    2. フォートトライオンパークの観光情報を紹介!!アメリカの観光スポッ…
    3. アンテロープキャニオンの観光情報を紹介!! アメリカの観光スポッ…
    4. 犯罪多発地域に注意!! アメリカ・カルフォルニアの治安を徹底解説…
    5. サルベーションマウンテンの観光スポットを紹介!! アメリカの観光…
    6. アメリカの有名な美術館を9館紹介
    7. アメリカ、ドライブ旅行に行く際に押さえておきたいポイントは?
    8. ヨセミテ国立公園の観光情報を徹底紹介!! アメリカ・カルフォルニ…

    おすすめ記事

    1. アメリカの有名な美術館を9館紹介
    2. セブ島のスーパーマーケットで買えるばらまきお土産を紹介!
    3. ディズニー旅行記 上海ディズニーランド カリブの海賊などのアトラクションの見どころを紹介

    カテゴリー

    PAGE TOP