お役立ち情報

海外旅行の準備はどうすれば?! 海外旅行へ行く際の準備を丁寧に解説

初めて海外に旅行する時というのは、本当に楽しみでしかも緊張もするものです。

勿論旅行中も楽しいことばかりですが、用意している時のワクワク感と緊張感の混ざったあの気持は、経験した人にしかわからないでしょう。

さてその荷物ですが、どうしても初海外旅行の場合あれこもれもつめてしまいがちです。

気持ちはわかりますが、ちょっとそこで冷静になって考えてみませんか。

持ち物リストを確認したい方はこちらから

  • スーツケース選び

    海外旅行と言わず国内でも、旅行時の荷物というのはある程度必要です。

    一般的なのは、スーツケースですね。

    バックパックで世界を巡るバックパッカーもいますが、普通の旅行者の場合はスーツケースを使うのが普通です。

    まずはこのスーツケース選びですね。

    キャリータイプか普通のスーツケースか

    今は街中でも、キャリーバッグを引いて歩いている人が多く見受けられます。

    勿論旅行者のスーツケースも、キャリースタイルのものが大多数を占めています。

    しかしそれでも、昔ながらの手に下げる形のスーツケースを使っている人も、まだまだいるのです。

    最初の海外旅行の場合、これをどうするかがまず最初のハードルになります。

    海外旅行用品のお店に行った場合、大型店でない限り展示されているのはまずキャリー型です。

    なので自然そちらに目が行きますが、キャリー型のスーツケースの場合、行先によっては不便なこともありますので、注意が必要です。

    渡航先の国の道路が未舗装だったり、昔ながらの石畳の場合、キャリーだと移動がしづらくなります。

    そういった場合、普通のスーツケースに、別途折りたたみキャリーカートを持っていくと便利です。

    空港などの平坦な床の移動はキャリーに乗せて、地面が凸凹したりしている場合は手に持ってと、加減ができますよ。

    購入するかレンタルにするか

    これもまた、実はよく考えておく必要のあることです。

    スーツケース、特に海外旅行用の場合、近隣諸国へ短期間ならそれほど問題ありません。

    国内用の、航空機内持ち込み可能サイズのスーツケースで充分です。普段使っているもので、事足りますね。

    しかし長期、1週間位の旅行の場合、しかも数カ国を回るなどという場合は、それなりの荷物を持っていくことになります。

    となると、大きめのスーツケースが必要になりますね。

    この場合、ほとんどの人は購入を考えるでしょう。しかしちょっと考えてみて下さい。

    1週間程度の旅行用のスーツケースというのは、かなり大きなものです。収納するにも結構場所を取ります。

    旅行の後に帰宅したらそれをしまうことになりますが、クローゼットなどのスペースをかなり圧迫することは間違いありません。

    もしこの先も旅行の予定があるとか、仕事で出張が多いとかならば購入も無駄にはなりません。

    しかしこの先の予定があまりなさそうなら、レンタルの利用も考えてみるのがおすすめです。

    人が使ったものを、とためらってしまうかもしれませんが、今のスーツケースレンタルはケアもしっかりなされています。

    安心して使えますし、宅急便で配送してくれますので面倒がありません。

    何よりもクローゼットの肥やしにならずに済むのが、本当にありがたいところです。

    レンタルにするかそれとも購入するか、これもよく考えて決定して下さい。

    旅行に持っていくものも厳選して

    スーツケースが決まったら、今度は中身の準備

    これが実は旅行前の、最も楽しいワクワクする時間です。

    あれが必要かも、これも持っていったほうがいいかもと、楽しい悩みの時間ですね。

    しかし移動のことも考えると、やはり荷物は少なくまとめたいですね。

    そこで、今回は暑い国行くか、寒い国に行く際の持ち物の注意点を説明したいと思います。

    持ち物に関してはこちらでまとめているので、こちらを参照しながら荷造りするのもオススメです。

    完全版持ち物リストはこちらから

    20代女子版持ち物リストはこちら

    夏や暑い国に旅行する場合

    夏の旅行や渡航先が南国の場合、汗を掻くことをそれなりに考えて、着替えを多く持っていく人が多いと思います。

    特にインナーは勿論、多めに持っていくことになります。

    しかし、あまり多く持っていても邪魔になるだけです。

    もしもインナーが足りなくなった場合、夜のシャワータイムに、自分の身体と一緒にインナーも洗ってしまえば、普通にエアコンの効いた室内なら、一晩で乾いてくれます。

    綿100%のものだとちょっときついですが、ポリエステルなどの速乾性のある素材の場合あっという間に乾きます。

    水で流すだけでも汗はほとんど流れてくれますので、こまめに洗ってしまいましょう。

    荷物もその分減りますし、汗臭い洗濯していないインナーをたくさん荷物に詰めて帰国するより、ずっと気持ちがいいですよ。

    冬や寒い国に旅行する場合

    寒い時期の旅行の荷物は、どうしてもかさばる衣類が多くなりがちです。

    セーターなどの防寒具にインナーなど、枚数も増えてしまいます。

    しかもコートも着込んでいますので、飛行機内や暖かい室内ではそれも荷物になってしまいます。

    これはどうにも仕方のないことですが、出来ることもいくつかあります。

    持っていく防寒具、セーターなどはできるだけウールなどではなく、フリースのものにしておくと面倒がありません。

    軽いし、もし汚れても洗えばすぐ乾きます。

    またインナーも、発熱素材などのものを利用して、枚数を少なく抑えたいところですね。

    どうしてもかさばってしまう冬の衣類ですので、出来る限りの工夫をしてみて下さい。

    またもしスーツケースに余裕があるなら、空港に到着した時点で着ているコートをスーツケースにしまってしまう手もあります。

    空港内も飛行機の内部も温かいので、コートは邪魔になってしまうからです。

    加えて、こちらは寒い時期だけど渡航先は暑いなどという場合、空港内にコートを預かってくれる施設もあります。

    こちらを利用して、身軽に旅立って下さい




  • 海外旅行にはwifiが必須! オススメの海外レンタルwifiを紹介!!

    シンガポールに行ったら絶対に寄りたいレストラン!!シンガポールのオススメレストラン3選

    関連記事

    1. 【中国旅行】中国在住者が解説する!!中国の飲み物事情!!
    2. 海外旅行にいつから行ける?予想を100人に聞いてみた!
    3. パッケージ旅行と個人で手配する、どっちが良いか
    4. 海外ATMのクレジットカードキャッシングの罠 ※高利息に注意
    5. ダッカへ行ったらここに滞在しろ!! バングラデシュ・ダッカの治安…
    6. 海外一人旅で出会いを引き寄せる!オススメの行動5つ
    7. 一人旅ビギナー必見!初心者でも低予算で楽しめる東南アジアの旅先T…
    8. 【渡航回数30超え女子による】厳選!20代女子の海外旅行持ち物リ…

    おすすめ記事

    1. アメリカの有名な美術館を9館紹介
    2. セブ島のスーパーマーケットで買えるばらまきお土産を紹介!
    3. ディズニー旅行記 上海ディズニーランド カリブの海賊などのアトラクションの見どころを紹介

    カテゴリー

    PAGE TOP