タイ

一度は行くべき!! タイ・バンコクに行くべきオススメのスポット、お店、お土産を紹介!!

  • タイ・バンコクとはどんなところ?

    バンコクは治安がよく、物価も安い。そして、タイ人の人柄は優しい、と素晴らしい国です。

    少し辛みの強い料理が多いですが、日本人の舌にも合い、どれも美味しかったです。

    仏教徒が多く、仏教の建設物が多くあります。

    タイ式マッサージも素晴らしい技術を低単価で味わえるので、慌ただしい日常から逃れ、ほっと息を吐きたい方におすすめです。

    タイ旅行が人気の理由

    日本から直行便で約6時間、東南アジアで最も発展しているタイは近年大変注目されていて、多くの日本人観光客が訪れています。

    タイの人口が6000万人であるにもかかわらず、年間で約4000万人の観光客が訪れるのですから、タイ政府が観光に力を入れている事が伺えます。

    タイがこれだけ観光客を集めている人気の秘密は何でしょうか。

    物価が安い

    多くの歴史的遺産やアクティビティも充実していますし、活気にあふれたパワーを感じる事ができるのも魅力ですが、最も魅力的なのは物価の安さと言えるでしょう、ほとんどのものが日本の1/3の料金で得られますので、格安で旅行が楽しめるというのは大きなメリットですね。

    決められた旅行の予算を日本での物価と比べると3倍使えるのですから、安く滞在費を済ませる事ができますし、ワンランクアップしたホテルやレストランを利用することもできるでしょう。

    自然が豊か

    パタヤやプーケットと言ったビーチリゾートを楽しむこともできますし、カンチャナブリやメーホンソンといったジャングルを楽しむ事もできますし、マリンスポーツやジャングルツアーが充実していることから年齢を問わず楽しむ事ができます。

    タイの航空会社は日本と比べるとかなり格安で、国内であれば3000円程度で利用する事もできます。つまり、短い日程であっても飛行機で移動すればたくさんの場所を楽しむ事ができるのです。

    この物価の安さと移動費の安さが注目されている大きな理由と言えます。

    20年前のタイとは大違い

    ひと昔前のタイを知っている方は、交通の便が悪く、バイクや車が大きな音を立てながら走り、喧騒の中で過ごさなくてはならず、空気も悪いというイメージでしょう。

    たしかに20年程前のタイはその様な環境でしたが、現在では驚くほど環境整備が進んでおり、かなり静かになってきています。

    タイ観光局がトゥクトゥクの電気モーター化を進めている事からも力の入れ具合がわかりますね。

    タイのイメージを悪くしていた、不当請求をする店は激減していますし、治安もかなり良くなって、日本とそれほど変わらないというほどです。

    衛生面を気にする方もいらっしゃると思いますが、タイ政府の指導で屋台であっても帽子をかぶり、調理用グローブをする事が義務付けられる様になり、衛生面で心配する様な事は全くなくなったと言っても良いでしょう。

    こういったイメージの改善が功を奏して、外資系のホテルが進出するようになり、それに牽引されて地元資本のホテルもサービスや施設のレベルが格段に向上しています。

    さらに観光客の要求レベルが上がったため、スタッフのサービスマナーも非常に良くなり観光客から好評を得ているのです。

    バンコクで行くべき観光スポット

    ワットポー

    巨大な大仏様が涅槃に入った姿を見ることができ、足の裏の装飾も楽しむことができます。

    建物自体も美しいので、一見の価値あり。

    ワットアルン

    白くて巨大な塔。現地の方には夜のライトアップされたアットワルンが最高だと写真を見せて頂きましたが、女子の一人旅のため昼の美しく堂々とした姿を拝見しました。安全性を確保したうえで夜訪問すると昼とは違った黄金の姿を見せてくれます。

    ワットプラケオ…ずっと建物を支え続ける子鬼が印象に残りました。このワットプラケオでは、黄金の塔やカラフルな装飾の建物など、あらゆる建設物を堪能することが出来ます。

    ワットパクナム

    最近有名なガラス張りの寺院です。寺院自体はさほど広くなく、下は博物館になっており初めは戸惑いました。ですが皆を真似して上へとついていくと、光り輝く緑のガラスに感動しました。

    バンコクはさほど広くなく、私はよくスカイトレインでエカマイまで行き、アユタヤで遺跡を巡ったり象に乗りに行ったりしました。バンコクへいかれる際は、エカマイに行けば大抵の観光スポットにはたどり着けます。

    バンコクショッピング

    タイの雑貨はめちゃくちゃ安いですが、そこは安かろう悪かろう(笑)

    安い露店で買うときは、破れがないかなど、良く見て買い物を楽しんでください。

    アジアティークザリバーフロント

    水辺にある大きなマーケットで、小奇麗なうえに比較的安くショッピングが楽しめます。服やスカーフ、石鹸、アジア雑貨など、タイで買いたいお土産の大抵は揃います。

    観覧車が有名で、思う存分楽しむことが出来るのでバンコクに行ったら絶対に言ってほしいスポットです。

    サイヤムセンター

    バンコクでも大きなショッピングセンターです。ここでは可愛いアジア雑貨や食べ物、服が購入できます。

    ただ、日本とさほど変わらない値段なので、お得に買い物がしたい方は、サイヤムを出て周りの露店をみると安く商品が買えます。

    水上マーケット

    こちらは人気の船の上で料理をして提供してくれる観光スポット。私は活気のある広々としたところを想像していましたが、小規模で展開しており、こんなものか、というのが正直な感想です。

    ただ、水上マーケットに行くまでの道に安いお土産の露店が並んでいるので、食べ歩きしながら見て回るのは意外と楽しかったです。

    おすすめのマッサージ

    タイ式

    タイと言えばタイ式マッサージです。安いお店ならどこにでもあるので言ってみるとリラックスできます。ただ、私が言ったマッサージ店はことごとく痛かったです。施術後は体が楽になったので、気合を入れていくと良いかと思います。

    アロママッサージ

    タイ式よりもリラックスできますが、どのお店でも何故か最後にタイ式マッサージを組み込んできました。最期はとっても痛かったです。

    ハーバルボールマッサージ

    ハーブを入れた温かなボールを体に当てるマッサージです。私はこれも最後にタイ式を木見込まれましたが、一番リラックスできました。少し高級なサロンに行った友達はタイ式を組み込まれなかったので、安いところではタイ式の流れになる可能性もあります。

    もしタイ式に抵抗のある方は、初めにタイ式を組み込まないように交渉か確認をする必要があります。

    喜ばれたタイ土産

    手作り花の石鹸

    職人が一つ一つ丹精込めて彫り上げたカラフルな花の石鹸。

    こちらはアジアティークザリバーフロントで購入しました。

    勿体なくて使えないほど美しい石鹸ですが、しばらく芳香剤といて使い、今では部屋の一部の飾りに使っています。余りに美しいので大変喜ばれました。

    ・ナラヤのポーチ

    タイで有名なブランド「ナラヤ」空港や町中、あらゆる場所に点在しています。

    布製の可愛らしいバッグや小物入れが数多く、使い勝手も大変良い商品です。

    鏡付きのポーチは使い勝手の良い大きさで愛用しています。

    タイパンツ

    日本では1000円以上もするタイパンツですが、タイだと大体350円程で購入可能です。薄くて着心地が良いので、部屋着にすると夏場快適に過ごすことができます。

    ポッキー・プリッツ・日清のカップ麺

    タイならではの、バナナやマンゴー味のポッキーに、トムヤムクン味のプリッツ、トムヤムクン味のカップ麺がコンビニやスーパーで購入できます。

    下手に現地の食べ物を購入するよりも、日本人に食べなれた味をプレゼントした方が喜ばれました。

    歯磨き粉Dentiste

    こちらは正直自分用です(笑)

    真っ白な歯が手に入る有名な歯磨き粉

    日本で購入するよりも1/3の値段で買えます。

    私はこれで毎日磨いて白い歯を手に入れました。

    何せ、タイ土産で歯ブラシ粉を渡すと皆「どうして?」という顔をしました。癖がない磨きやすい歯磨き粉なのでおすすめです。

    タイで困ったこと

    タクシー

    バンコク市内ではタクシーが沢山走っています。

    ですが、いくら手を振って止めようにも止まってはくれません。

    ホテルのオーナーに確認したところ、中々止まってはくれないし、安全なタクシーか確認が難しいとのこと。

    アプリでタクシーを予約すると良いよ!と教えてもらい、LINE MANというアプリを紹介してもらいました。

    少しだけお値段はしますが、安心して移動が出来ます。

    トゥクトゥク

    タイでは、バスやスカイトレイン以外にトゥクトゥクというバイクに荷台をつけたような乗り物があります。

    このトゥクトゥクですが。かなりの割合で詐欺まがいのことを仕掛けてきます。

    私はカオサンロードというバックパッカーの聖地を目指していたところ、トゥクトゥクのタクシーに足止めされ「カオサンは夜しかやっていないよ(嘘)そうだ!マッサージを2時間受けてからカオサンに連れて行ってあげよう!」と言われ、一人旅の疲れもあり話に乗ったところ、行ったマッサージ店では1時間しかマッサージしないのに2時間分の料金を取られました。

    日本でマッサージを受けるよりも安いので納得はしましたが、少し悔しさが残ります。

    良心的なドライバーももちろんいらっしゃったので、自分で見極めが必要です。

    英語

    バンコクで英語が通じないのが私のストレスでした。

    英語を喋れる人が少なく、喋れても訛りが強く、聞き取りが難しいのです。

    日本を出国する前にスマホをシムフリーにして空港でシムを購入しておくと、意思の疎通が難しくてもアプリを頼って会話ができます。

    終わりに

    タイはとっても魅力的で大好きな国です。

    ただ、全ての人が善人ではないので、日本とは違うということを分かった上で旅行を楽しむようにしてください




  • 【タイ旅行】意外と知らなかった!守るべきマナー・文化・宗教を紹介

    海外旅行にはwifiが必須! オススメの海外レンタルwifiを紹介!!

    関連記事

    1. 【タイ旅行】寺院入場禁止になることも!!オススメの服装とオススメ…
    2. タイのチャトチャックマーケット・ウィークエンドマーケットを紹介
    3. タイの水上マーケット規模No1!! ダムヌンサドゥアック水上マー…
    4. 【タイ旅行】意外と知らなかった!守るべきマナー・文化・宗教を紹介…
    5. 【台湾旅行】意外と知らない!台湾の食事マナー
    6. タイピピ島のバンブー島の観光情報・見どころを写真付きで紹介
    7. タイ・チェンマイの観光スポット、象の一日お世話体験!! カレン村…
    8. タイ最古の寺院!!ワット・ポーの観光情報を紹介!!タイの観光スポ…

    おすすめ記事

    1. アメリカの有名な美術館を9館紹介
    2. セブ島のスーパーマーケットで買えるばらまきお土産を紹介!
    3. ディズニー旅行記 上海ディズニーランド カリブの海賊などのアトラクションの見どころを紹介

    カテゴリー

    PAGE TOP