アジア

タイのチャトチャックマーケット・ウィークエンドマーケットを紹介

  • チャトチャック市場について

    チャトチャック市場とは

    タイ、バンコクでお土産を買うのにお勧めなのが土日限定で開催されているチャトチャック市場です。

    東京ドームの約2.5倍の広さ、お店の数は約15000店。

    訪れる人は1日20~30万人

    もちろんバンコクで1番、タイで1番、東南アジアで1番、おそらく世界で1番大きな市場がここチャトチャック市場です。

    とにかく規模が大きい。

    東京ドームの2.5倍(1.13km2)という広い市場は、全体が巨大なテントで覆われています。

    その下に配置されているお店はオープンな屋台や出店がほとんどで、間口1mくらいの小さな店から数m幅の広い店が混在していて、そこに商品が所狭しと並んでいます。

    15000店なのでとても1日では見て回れません。

    売られているのは、シャツやパンツといった衣類や各種お土産物はもちろん、食器や家具類、仏像に宝石、ガーデニング用品からスポーツ用品、犬猫のペットや爬虫類まで。

    ありとあらゆる物が並んでいて、なんでもござれです。

    市場中心に走るメインロードに並行して横に走る何本もの細い路地と、それを縦にクロスしている狭い通路によって碁盤目のように区切られています。

    とにかく広いので、事前にネットで地図をゲットしておくことをお勧めします。

    入り口には案内所もありますが、残念ながらそこで人や地図を見たことはありませんので。

    市場全体は27のセクションに分かれていて、同じカテゴリーの商品は同じセクションに集まっているのが基本。

    ですが、実際にはお店の入れ替えも多いようで、あまりあてにはなりません。

    各通りの天井にはセクションNoと通りの番号が書かれたプラカードがぶら下がっているので、今自分がどこにいるかはわかる仕組みになっています。

    とにかく人人人

    お店の一部は平日も開いているようですが、基本は土日だけの開催なので、安い品物を求めて地元の人はもちろん、世界中から観光客が集まってきます。

    細い路地と狭い通路に20万の人が通るわけですから、市場に一歩足を踏み入れると、もうそこはラビリンス。

    まさに迷宮のよう。

    お店の圧倒的な品揃えとそれにも負けない人々の数と熱気に圧倒されます。

    とにかく安い

    市場だからといって粗悪品が多いのでは、という心配はご無用。

    タイの人はどこぞの国と違って「騙される方が悪い」というお国柄ではありません。

    縫製品にしても民芸品にしても丁寧な加工がされていて、ハンドメイド商品も豊富。

    元々は卸市場だったこともあり、仕入れに使っているバイヤーさんもおられるとのこと。

    タイ市内のスーパーで買うよりは間違いなく安いうえ、まとめ買いだと更に値引き交渉も可能。

    象さん模様のパンツ(100バーツ)をお土産用にまとめ買いするも良し、タイの若いデザイナーさんによるスマートなジャケットを手に入れるも良し。

    中には帰国前に市場に寄って、買ったスーツケースに荷物を入れ直している外人さんもおりました。

    とにかく美味しい。

    市場なのでもちろん飲食店も豊富。

    シンガポールのホーカーズのような屋台が集まっているフードコートもあれば、冷房の効いたちょっとオシャレなレストラン、搾りたての果物ジュースを売るカウンターだけのお店など、バラエティーに飛んでいます。

    その場で皮を剥いてライスにのっけてくれるマンゴーライスも甘くてクセになりそう。

    1番人気はセクション8にあるパエリアのお店。

    タイでスペイン料理は珍しいですが、お店の前でデッカいフライパンで30人前くらいを、陽気なシェフさんが一気に作るパフォーマンスは見ているだけでも楽しい。

    これで150バーツは安すぎ、美味すぎ。

    でもビールはちょっとぬるいけど。

    注意点

    とにかく暑い

    天井はテントで覆われていますが、一部のレストラン以外は基本野外なので暑いです。

    狭い通りに大勢の人がゴッタ返しているところもあるので、暑さ対策はしっかりと。

    帽子、飲み物(これは適当に買っても良いかも)は必須。

    所々に休憩用の椅子があるので、休み休みのショッピングが肝心ですね。

    トイレは少ない

    広い割にはトイレは8ヶ所しかありません。

    しかも入り口付近にオバさんが座っていて2バーツほど払わないと入れません。

    女子トイレは入ったことないですが、きっとトイレットペーパーはないのでティッシュの用意を。

    きっとその紙は流してはいけなくて、横にボックスが置かれているはず。

    入ったことないですが。

    とにかくWi-fiは繋がらない

    フリーのWi-fi環境はほとんどありません。

    カップルや夫婦で行く場合、もし迷子になったときのためwifiを2つレンタルした方が良いかもしれません。

    とにかく迷子に注意

    碁盤目状に通路はなっているとは言うものの、その道は狭くて店から商品がはみ出ていて、おまけにどこの通路も人でいっぱいなので、迷子になったら見つけることは至難の技です。

    かく言う我が家の体験談を最後にご紹介しましょう。

    市場の中に「たけしshop」という名のお店を見つけ、その前のベンチで妻と娘の3人でジュース休憩。

    その後ジュースの空コップを買ったお店に返してくると妻が言い出し、大通りへ続く角を曲がってから5分。

    10分。

    そして15分待っても返って来ませんでした。

    「これはやられたかも。」と感じた私は、娘をベンチに残し、周囲を探しましたが全く見つけられません。

    バックも携帯も置きっ放し。

    下手に動くことも出来ず待つことそれから1時間。

    その間完全に道に迷った妻は、ベンチ前のお店が「たけしshop 」だったことを頼りに、片っ端から店のスタッフや警備員さんたちに「Do you know たけしshop? 」と聞いて回ったそうな。

    しかし地元の人に英語は通じず、15000もある他店名なんか知りません。

    途方にくれた妻でしたが、そこをたまたま通りかかった日本人に聞いてようやく場所がわかったと。

    その人は大手企業の現地駐在員の人で、タイ語のネットに精通していて調べてくれたそうな。

    もし休憩した場所が「たけしshop」の前でなかったら、もし駐在員の人に出会えなかったらと、今でこそ笑い話ですが、本当にあの時はヤバかった。

    でもそんな妻は、「リベンジに行かねば」と次回の買い物を楽しみにしています。

    服装・持ち物

    服装は完全夏スタイルでOK。

    歩き回るので歩きやすい履物で。

    汗かきさんはタオル。

    スリや置き引きは微笑みの国にもいると思いますので、持ち物は軽めがいいですね。

    買い物はニコニコ現金払いがほとんどでカードは使えないお店が多いです。

    更に高額紙幣はお釣りが出来ないことも多く嫌われます。

    20バーツや100バーツ紙幣を多く揃えておくのが良いでしょう。

    アクセス方法

    タクシー

    バンコク市内であれば「チャトチャックマーケット」の一言だけでOK。

    乗る前に行き先を告げて、乗ったら直ぐに初乗り運賃35バーツを確認しましょう。

    BTS(高架鉄道)ならモーチット駅

    BTSを利用する場合の最寄駅はモーチット駅になります。

    ホームに着いたら1番出口から出て右手にある公園に入ると「shortcut J.J.Market」の看板があり、その通りに進むとマーケットの外柵に着きます。

    そこから左右どちらかに行けば、入り口2か3に着きます。

    MRT(地下鉄メトロ)ならチャトチャックパーク又はカムペーンペット

    MRTのチャトチャックパークで降りた場合は1番出口、カムペーンペットの場合は2番出口から出れば、目の前が市場なので便利です。

    とご紹介しましたが、実は日中であれば、最寄りの駅に到着したら大勢の人混みに流されて行けば自然と到着します。

    問題は帰りでして、夕方最後までいると、皆一斉に帰るのでタクシーは捕まらないし、駅は大混雑となります。

    16時頃には帰るようにしましょう。

    営業時間

    土曜日曜の9:00~20:00まで。

    平日は多くのお店がお休みで、ペットショップやガーデニング品などが一部開いている程度。

    また、金曜夜には一部のお店が営業しているようです。

    入場料

    市場に入るだけでしたらもちろん無料です。

    オススメ度

    私のオススメ度 ★★★★★★★★★☆  9点

    買い物や人混みが苦手でなければ楽しいラビリンスだと思います。

    溢れるような商品の数々と、多国籍な人々の中を美味しいジュースを飲みながら歩き、掘り出し物を見つけたり、お土産のまとめ買いするのはとっても楽しい。

    子連れオススメ度  ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1点

    小さなお子様連れにはオススメしません。

    特に1人で勝手に離れてしまうヤンチャ坊主は絶対に連れて来てはいけません。

    カップルオススメ度 ★★★★★★★★☆☆ 8点

    若者であれ、シニアであれ、カップルで衣類や趣味の道具をワイワイ探索するのも楽しいと思います。

    ひとり旅 ★★★★★★☆☆☆☆  6点

    孤独なひとり旅な人でも訪れる価値は十分あります。

    なんでもござれ とは言うものの、さすがに日本のオタク・グッツは揃っていませんが、エキゾチックな小物や、日本では手に入らない飾りモノや装飾品など、ひとりでも決して退屈しません。

    グループ ★★★★★★★★☆☆ 8点

    気心の知れた友人たちや職場の同僚、サークル仲間、慰安旅行等、グループや団体様にもオススメです。

    市場に着いたら解散となるでしょうが、その時の集合場所は市場中央の時計塔が良いでしょう。

    終わりに

    最初にご紹介しましたように、この市場は世界で1番大きな市場と言われており、アジアンショッピングを楽しむにはもってこいのところだと思います。

    皆さんもぜひ一度アジアンショッピングのラビリンスへどうぞ。

    ただひとつ、迷子にだけはご注意を。




  • インド旅行でトラブルを避けるため気をつけること7つ

    アメリカ・バージニア州 オススメの滞在エリアとホテルを紹介

    関連記事

    1. 【香港旅行】香港ディズニーランドのお城やお土産などオススメポイン…
    2. インド旅行でトラブルを避けるため気をつけること7つ
    3. タイピピ島のバンブー島の観光情報・見どころを写真付きで紹介
    4. セブ島のスーパーマーケットで買えるばらまきお土産を紹介!
    5. タイのナンユアン島(サムイ島)の見どころを写真付きで紹介!!
    6. 一度は行くべき!! タイ・バンコクに行くべきオススメのスポット、…
    7. タイの水上マーケット規模No1!! ダムヌンサドゥアック水上マー…
    8. 【バンコク旅行】この地域には絶対に近づくな!!タイ・バンコクの治…

    おすすめ記事

    1. アメリカの有名な美術館を9館紹介
    2. セブ島のスーパーマーケットで買えるばらまきお土産を紹介!
    3. ディズニー旅行記 上海ディズニーランド カリブの海賊などのアトラクションの見どころを紹介

    カテゴリー

    PAGE TOP