韓国

【韓国旅行】交通機関をお得に利用する方法!韓国の交通事情を徹底解説!

韓国グルメやファッション、コスメ。特に女性に人気な国、韓国!

週末や連休を利用して韓国を訪れる方も多いのでは?

空港に到着してから迷わずに市内へ移動するために!今回は韓国の首都であるソウルの交通事情をご紹介します!

  • T-money(ティモニ、ティーマネー)

    韓国には日本のSuicaと似た交通系ICカードがあり、T-money(ティモニ、ティーマネー)と呼ばれています。

    各駅やコンビニエンスストアで購入することができ、駅構内にあるチャージ機やコンビニエンスストアのレジで入金すればワンタッチで運賃支払いが可能です。

    一回ごとに乗車券を購入するよりも割安になり、地下鉄からバスへの乗り換えは別途料金不要になるなどお得な特典があります。

    T-moneyはコンビニエンスストア等全国の加盟店での支払いにも使えますので、小銭を持ち歩きたくない!という観光客にも便利ですよね。

    各駅の構内にあるT-moneyサービスセンターでは、複数のT-money残高の合算や払い戻しなども受け付けています。

    困ったことがある場合はサービスセンターに立ち寄って確認してみましょう。

    地下鉄

    空港からソウル市内への移動は地下鉄が非常に便利!

    ソウルの主要エリアは渋滞が激しく、時間帯によっては移動するだけで大幅にタイムロスをしてしまうことがあります。

    光化門や市庁などのエリアは週末ごとに各種イベントやデモ行進が行われており、規制や道路の一部が封鎖される場合があります。

    地下鉄では渋滞やトラブルの心配なく時間通りに目的地へ移動できるのが魅力です。

    地下鉄へは

    仁川空港、金浦空港ともにA’REX(エーレックス)と呼ばれる空港鉄道が利用でき、主要ターミナル駅のソウル駅にて各地下鉄路線へ乗り換えることができます。

    A’REX(エーレックス)には直通列車と各駅停車する一般列車があり、仁川空港からでも最大1時間でソウル駅に到着します。

    仁川空港、金浦空港ともに到着ロビーからわかりやすく空港鉄道駅への誘導案内がありますので、初めての方でも迷うことなく駅まで到着できます。

    案内表示は直通列車=オレンジ、一般列車=ブルーと色分けされているので、下車する駅や予定を考慮して使い分けるとよいでしょう。

    料金

    運賃は

    [box class = “box”]

    • 直通列車で9,000ウォン

    • 一般列車最大4,850ウォン

    [/box]

    となっており、かなりリーズナブル。

    T-money(ティモニ、ティーマネー)を使用するとそこからさらに1,000ウォン割引されます。

    地下鉄に乗る際は是非T-money(ティモニ、ティーマネー)を使用しましょう!

    直通列車を利用する際は現金もしくはクレジットカードでの支払いも可能ですが、一般列車を利用する際は現金もしくはT-moneyでの支払いとなりますのでご注意ください。

    なお外国人専用の公共交通カードである「M-PASS」も使用可能です。

    リムジンバス

    宿泊ホテル近くにバス停がある場合は、リムジンバスでの移動も便利です。

    仁川空港、金浦空港ともにリムジンバスと呼ばれる送迎バスが複数運行しており、観光客が訪れるエリアには細かくバス停が設置されています。

    その日の交通事情により所要時間が読めない点が難点ですが、スーツケースを持って地下鉄の広い駅構内を移動しなくていい等の利点があります。

    空港リムジンバスには高級リムジンと一般リムジンの2種類があります。

    [box class = “blue_box” title = “高級リムジンは”]
    • シートサイズもゆったりしていて快適

    • 一般リムジンより割高

    • 停車するバス停に限りがある

    [/box]

    といった特徴があります。

    宿泊先や目的地の近くにあるバス停にどちらのバスが停車するかを確認してから乗車しましょう。

    チケットは購入用カウンターか各乗車場所で購入できます。

    T-moneyを利用すればチケットを購入せずに乗車することも可能ですので、時間がないときにはオススメです!

    タクシー

    夜遅い時間帯や、荷物が多いときに便利なのがタクシーです。

    こちらも時間帯によっては渋滞に巻き込まれてしまう可能性はありますが、滞在先の目の前まで移動できるのが魅力です。

    ただし運転手によっては道に不慣れだったり、ホテル名を告げても場所がわからないといわれてしまうこともあるので、なるべくハングル文字で明記されたホテル名と住所を手元に用意してからの乗車がオススメです。

    以前よく聞かれた運賃のぼったくりも最近はかなり減っていますが、念のため下車時にレシートをもらうようにしましょう。

    支払いの際に「ヨンスジョン ジュセヨ。(領収書をください)」と一言添えるだけでOKです。

    レシートにはタクシー会社名や電話番号などの情報が記載されているので、トラブルや忘れ物をしたときにも役立ちます。

    万が一、ぼったくられた等のトラブルが発生した場合は観光苦情申告センターおよび観光警察に相談が可能です。

    日本語で受付可能ですので、トラブル時にも安心して相談できます。

    終わりに

    今回は韓国ソウルに滞在する際に便利な交通事情をご紹介しました。

    最近は地下鉄やバスなどの路線図や乗り換え案内が確認できる交通アプリ(日本語でも利用可能)もあり、出発の前にスマートフォンにダウンロードしてから出国するとさらに便利です!

    スムーズに市内エリアへ移動してたくさんの観光スポットを満喫しちゃいましょう♪




  • 【ベトナム旅行】意外と知らないベトナムの常識!気をつけておきたい注意点!

    【アルゼンチン旅行】えぇ、こんなことがNG?!やってはいけない注意点・マナーを紹介!

    関連記事

    1. 【韓国旅行】韓国のトイレは流さない?韓国のトイレ事情を解説!
    2. 景福宮(キョンボックン)の観光情報を紹介!!韓国の観光スポット

    おすすめ記事

    1. アメリカの有名な美術館を9館紹介
    2. セブ島のスーパーマーケットで買えるばらまきお土産を紹介!
    3. ディズニー旅行記 上海ディズニーランド カリブの海賊などのアトラクションの見どころを紹介

    カテゴリー

    PAGE TOP