台湾

【台湾旅行】台北に行ったら必ず行きたい!タピオカのお店!厳選4選

  • タピオカの本場としても魅力の台湾

    今話題沸騰中のタピオカ。その本場としても有名なのが台湾です。

    本場ならではの味としてタピオカを楽しんでみるためだけに訪れるというのも一興かもしれません。

    今回は、今日本国内でも絶大な注目度と人気を誇るタピオカについて、本場である台湾に訪れたら是非行くべき!とオススメできる専門店を厳選してご紹介します。

    どのお店もインスタ映え間違いなし!

    オススメのタピオカ専門店1:「50嵐(ウーシーラン)」

    台湾でタピオカを楽しむのならココ!とまで絶賛されるほど、地元の方を中心に観光客からも絶大な人気を誇っているのが、50嵐(ウーシーラン)です。

    こちらのお店の1番の名物となっているのが、今や日本でもおなじみとなっているタピオカ入りのミルクティ。

    こちらのお店には連日、台湾の方だけでなく日本から訪れた観光客も列を成しているほどの人気ぶりです。

    中でもたっぷりのタピオカと濃厚なミルクティが一度に楽しめる「タピオカ大粒入り緑茶ミルクティ」は、ここでしか堪能できない独特の味わいと香りが魅力の名物メニューなんです。

    両手で持ってもまだ余るほどの巨大なカップに封入されたタピオカ入りミルクティは、一見すると「飲みきれるかな?」とちょっと心配にもなりがちですが、意外なほどの口当たりの良さや適度な甘さのおかげもあって、女性の方でも一気に飲み干すことができるほど。

    タピオカの本場台湾でタピオカ入りミルクティのお店を探しているのなら、是非こちらのお店に訪れてみることを強くオススメします。

    日本にも展開しているので、日本店に下見に行って見るもの良いかもしれません♩

    店舗名:50嵐(ウーシーラン)
    住所:台湾台北市萬華區漢中街136號

    オススメのタピオカ専門店2:「Coco 都可(ココ)」

    タピオカな台北では一風変わった色味のタピオカ飲料を持って散策している人の姿を目にすることもできます。

    そして、この一風変わった色味のタピオカ飲料を販売しているお店として現地で人気殺到中なのが、フルーツをふんだんに使った各種商品を取りそろえるお店「Coco 都可(ココ)」なんです。

    Cocoには、オーソドックスなタピオカ入りミルクティも提供されていてこちらも人気ではあるのですが、フルーツを使ったカラフルなタピオカ飲料も数多くラインナップされています。

    タピオカ入りミルクティはちょっと飽きてしまったという方や、他人とはちょっと違ったインスタ映えを是非キャッチしたい!という方に是非オススメです!

    例えば、その中でも1番人気となっているのが、Cocoの限定フレーバーとして提供されている「パッションフルーツティ&ナタデココ・タピオカ」というメニュー。

    鮮やかな朱色のカラーはまさにパッションフルーツそのままの自然で美味しそうな見た目で、もちろんその中には台湾ならではの大粒タピオカもたっぷり入っています。

    更に、タピオカのモチモチとした食感を更に引き立てる素材として、これまた歯ごたえのある弾力が魅力のナタデココもたっぷりと。

    1杯で3つの楽しみ方ができるタピオカ飲料として、ミルクティとはちょっと違ったテイストを求める流行に敏感な方にオススメのお店&ドリンクですよ。

    こちらも日本に展開中のお店です♩

    店舗名:Coco 都可
    住所:台北市萬華區武昌街二段4號

    オススメのタピオカ専門店3:「康青龍(カンチンロン)」

    台湾といえば、中国とはちょっと違った食材や味付け、見た目が楽しめる台湾ならではの中華料理を堪能できる国としても人気。

    そんな台湾料理の専門店として地元の方に長く愛されているお店の1つに「鼎泰豊(ディンタイフォン)」があるのですが、こちらの人気店にほど近い場所にあるタピオカ専門店として今一番人気となっているのが「康青龍(カンチンロン)」なんです。

    こちらのお店の名物は、なんといってもその美味しそうな見た目が魅力の「黒糖タピオカミルクティ」

    最近、東京や大阪など大都市圏でも徐々に目にするようになった黒糖をふんだんに使ったあのミルクティの専門店。

    まさに本場といって過言ではないほどの濃厚なテイストがこの商品の人気の理由の1つ。

    独自のブレンドによって作られた黒糖ソースをしっかりと身にまとった大粒のタピオカが、同じく濃厚な香りと味わいをもつミルクティの中に!

    味にうるさい現地の方のデートスポットや食後のデザートを楽しむお店としても連日賑わっており、その人気の高さからも味の良さをしっかりと窺えます。

    台湾料理店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」で美味しい台湾料理に舌鼓を打った後に、是非こちらの黒糖タピオカミルクティを味わうことをオススメします。

    こちらは日本未展開のお店。

    店舗名:康青龍(カンチンロン)
    住所:台北市大安區永康街2-7號

    オススメのタピオカ専門店4: 老虎堂(Tiger Suger)

    今台湾で人気急上昇のお店がこの老虎堂(Tiger Suger)です。

    こちらの老虎堂(Tiger Suger)、現地の若い人たち、特に学生の間で大人気のお店なんです。

    このお店で特に人気なのは、やっぱり定番の黒糖タピオカミルクティー!

    若い人から人気ということもあり、めちゃくちゃ甘いのが特徴です。台北のタピオカミルクティーは全体的に甘いですが、こちらのタピオカミルクティーは他よりもさらに甘いんです。

    甘さの秘密は生クリーム。こちらのミルクティーは牛乳の他に生クリームを使っていて、普通のミルクティーより濃厚でクリーミーなミルクティーを味わうことができます!

    タピオカもこだわっており熱々のタピオカをそのままミルクティーに入れていているため、食感はモッチモチ。

    甘いのが大好きな人に是非オススメのお店です。

    こちらも日本未展開のお店。

    店舗名:老虎堂
    住所:100台北市中正區南陽街1號

    台湾でタピオカを注文する際に知っておきたいポイント

    台湾でタピオカを味わう際に前もって知っておいてもらいたいポイントがあります。

    台湾で提供されているタピオカ飲料はどれも味が非常に濃く作られているのが特徴。

    当然、甘さも日本の物より強く香りも濃厚なので、飲むタイミングによってはこの濃さが美味しく感じられる一方で、場合によってはちょっとしつこく感じられるときもあったり。

    そんな時は、是非お店の方に注文する際に一言「氷を多めに」「甘さを控えめに」とご注文ください。

    これだけで、貴方だけの一杯を丁寧に作って貰えます。

    ちなみに、「もっと濃くて甘いタピオカ飲料が飲みたい!」という方もご安心を。

    氷の分量や甘さを調整できるということは、逆に濃くすることもできるということ。

    氷の分量を減らしたり0にして貰ったり、或いは甘さを極限まで強くして貰うことも当然OKなので、是非自分好みに合わせて注文してみてください!

    終わりに

    空前とまでいえるほどのタピオカブームの下、日本国内でも美味しいタピオカを楽しむことができるようになりました。

    それでも、貴方自身がタピオカに拘る方なのだったとしたら、やはり本場台湾のタピオカも是非味わってみるべし!

    ポピュラーとなったタピオカミルクティだけに留まらず、フルーツや様々な食材をふんだんに使った新商品も日々誕生しているエリアなので、タピオカ目当てでも訪れる価値は十分にあります。

    タピオカをきっかけに、様々な魅力溢れる台湾旅行を是非堪能してみてくださいね。




  • 【フィンランド旅行】これは知っておきたい!スーパーマーケットの珍しいルール5つ

    【台湾旅行】夏の台湾!服装どうすれば?夏の台湾でオススメの服装

    関連記事

    1. 【台湾旅行】夏の台湾!服装どうすれば?夏の台湾でオススメの服装
    2. 世界的最大級のダム!烏山頭ダムの観光情報を紹介!! 台湾の観光ス…
    3. 台湾 夜 夜市 台湾旅行の前に最低限これだけ!台湾の治安に関して (治安の良い場…

    おすすめ記事

    1. アメリカの有名な美術館を9館紹介
    2. セブ島のスーパーマーケットで買えるばらまきお土産を紹介!
    3. ディズニー旅行記 上海ディズニーランド カリブの海賊などのアトラクションの見どころを紹介

    カテゴリー

    PAGE TOP