イギリス

世界一の博物館!!大英博物館の観光情報を紹介!!イギリスの観光スポット

  • 大英博物館について

    大英博物館とは

    イギリスの首都・ロンドンにある大英博物館は、言わずと知れた世界最大規模の博物館。

    「世界一有名な博物館」とも言われており、一度は行ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

    大英博物館は、世界中のさまざまな出土品や美術品を所蔵しています。その数はなんと800万点以上。

    古代エジプトのミイラやロゼッタストーン、アッシリアの守護獣神像、イースター島のモアイ像など……。

    日本の着物や甲冑、アイヌ民族の工芸品なども展示されており、コレクションの幅広さがうかがえます。

    これだけの見ごたえがありながら入場無料というのも、出費がかさみがちな海外旅行者にとっては嬉しい点でしょう。

    大英博物館の見どころ

    古代エジプトの出土品

    この博物館の見どころは、何と言っても古代エジプトの出土品でしょう。

    古代エジプト文字であるヒエログリフが刻まれた「ロゼッタストーン」や、現在発見されている中でもっとも古いと言われているミイラ、教科書に必ず載っているような「死者の書」など、数々の有名な展示品があります。

    ロゼッタストーン

    中でも特に印象深かったのは、ミイラを納めていた金色の棺です。

    当時のエジプト人の死生観が伝わってくるほか、金箔があしらわれた豪華な造りと隅々まで細かく描かれた装飾が、非常に美しく圧巻でした。

    みなさんも、是非実際目でで確かめてみてください!

    ミイラ

    古代ギリシャの展示コーナー

    そしてこちらは、神聖な雰囲気がただよう、古代ギリシャの展示コーナー。

    ひときわ目を引くのは、「ネレイデス・モニュメント」と呼ばれる神殿のような展示品です。

    神殿内部に立つ女神の像の優美さはもちろん、土台部分の繊細な彫刻には思わず見惚れてしまいそうでした。

    ギリシャの「パルテノン神殿」に飾られていた彫刻の数々も必見。

    神々や人間の彫刻のほか、有名な「馬の頭部像」も展示されています。

    今より2000年以上も前に作られたとは思えないほどの精巧さで、まるで本物のようにいきいきとしています。

    展示室の隅にあるので、見逃さないように注意してくださいね。

    アッシリアの守護獣神像

    アッシリアとは、チグリス・ユーフラテス川を有するメソポタミア北部の地域のことで、現在のイラクに当たる場所です。

    アッシリアの守護獣神像は一枚の岩から作られたと言われており、その大きさは驚くほど。

    人の背丈の2倍はあるような高さに、両手を伸ばしてもまだ届かないほどの横幅を誇ります。

    実際に目にすると、圧倒的な存在感に感動することでしょう。

    この像は、かつてアッシリアの宮殿に飾られていました。

    人間の頭部に雄牛の体、5本の脚、そして大きな翼を持つ姿は、獣神を模したものだと考えられています。

    アッシリアの守護獣神像の横に並び、自分の背丈と比べてみるのも面白そうです。

    注意点

    大英博物館は非常に広く展示品も多いため、すべてを見て回るのにはかなりの時間を要します。

    1日ではとても回り切れないので、じっくり見たいという方は2日間ほどの日程を確保しておくといいかもしれません。

    博物館内にはカフェやレストランもあるので、休憩を挟みつつ見学するのもおすすめです。

    また、入場の際はセキュリティチェックを受ける必要があります。

    カバンの中身をスタッフに見せる必要があるほか、規定サイズ(40×40×50cm)より大きい荷物を持って入ることはできません。

    料金/営業時間

    入場料

    無料

    営業時間

    10時から17時30分まで(入場は17時20分まで)

    ただし毎週金曜日は例外で、10時から20時30分まで(入場は20時20分まで)となっています。

    金曜日はほかの曜日よりも遅くまで営業しているため比較的すいていることが多く、ゆっくり見て回りたい人におすすめです。

    大英博物館への行き方

    アクセスは、ロンドンのトッテナム・コート・ロード駅(TottenhamCourtRoadStation)から徒歩約5分。

    道も難しくなく、方向音痴な私でも迷わずに行くことができました。

    大英博物館のオススメ度

    わたしのオススメ度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10点/10点

    世界各国の有名なコレクションをいっぺんに見られるうえ、入場料もかからないというのは行くしかありません。

    私は大英博物館の見学にほぼ1日を使いましたが、それでもまだ見ることのできないエリアがありました。

    当時見逃したコーナーを回るために、いつかまた訪れたいと思っています。

    みなさんもぜひ大英博物館に行き、世界中のあらゆる展示品を堪能してきてくださいね!




  • 天国の海・サンドバーの観光情報を紹介!!ハワイの観光スポット

    スターフェリの観光情報を紹介!!中国・香港の観光スポット

    関連記事

    1. 初めてのイギリス旅行!! 初めて海外旅行へ行く方必見!! イギリ…
    2. イギリス王女も処刑した!ロンドン塔の観光情報を紹介!!イギリスの…
    3. ロンドン・アイの観光スポットを徹底紹介!! イギリス・ロンドンの…
    4. 【2019年度版】ロンドンへ行く前に見て欲しい!ロンドンの治安の…
    5. 【イギリス旅行】レストランを楽しむためのマナーと常識
    6. イギリス国立肖像画美術館(ナショナル・ポートレート・ギャラリー)…

    おすすめ記事

    1. アメリカの有名な美術館を9館紹介
    2. セブ島のスーパーマーケットで買えるばらまきお土産を紹介!
    3. ディズニー旅行記 上海ディズニーランド カリブの海賊などのアトラクションの見どころを紹介

    カテゴリー

    PAGE TOP