ハワイ

天国の海・サンドバーの観光情報を紹介!!ハワイの観光スポット

  • 天国の海について

    天国の海とは

    ハワイ州のオアフ島、カネオヘ沖合に浮かんでいる白い砂浜とその周辺の海が「天国の海」の愛称で呼ばれています。

    干潮になった短い時間だけ、人が立てるほどの浅瀬の砂洲、サンドバーが海の沖合に突如として現れます。

    このサンドバーの正体は、長い年月をかけて少しずつ堆積したサンゴなのです。

    その美しくも幻想的な様子が天国からの贈り物のようであることを形容して、天国の海や天使の海と呼ばれているのです。

    この天国の海を訪れるためにはツアーの申し込みが必要で、個人では行くことができません。

    午前のプランと午後のプランがあり、午前のプランであればお昼前にはワイキキに戻ってくることができるため、午後には買い物がしたい方にもオススメです。

    天国の海の見どころ

    ウミガメウォッチング

    サンドバーに行くためには、港から船で移動する必要があります。

    その船での移動の道中にも楽しみがあります。

    その一つがウミガメウォッチングです。

    サンドバーの周辺の海はウミガメの生息域になっており、野生のウミガメをたくさんみることができます。

    基本的にサンドバーへのツアーはツアー会社が取り仕切っていますが、そのツアーガイドが船に同乗しており、ウミガメの位置を教えてくれます。

    シャッターチャンスは、ウミガメが息継ぎをするために海に浮上してくるタイミング。

    ガイドがウミガメを見つけると、「12時の方向!」といったように叫んで方向を教えてくれるので、すかさずシャッターを切りましょう。

    ウミガメの息継ぎはほんの一瞬で見つけてからカメラを出しては遅いため、ウミガメの写真を取りたい方はカメラ片手に移動するのがオススメです。

    有名映画のロケ地

    ウミガメウォッチングと同じく、サンドバーに到着するまでに楽しめるイベントの一つです。

    パイレーツオブカリビアンやジュラシックパークなどのロケ地として有名なカウアイ島の一部を船から見ることができます。

    特に圧巻だったのが、ナ・パリ・コーストです。

    映画ジュラシックパークの撮影で使われた山なのですが、起伏が激しく恐竜の背中のようにごつごつした山の形状はインパクト抜群で驚くこと間違いなしです。

    ただ、少し距離がありますので、双眼鏡や倍率の高いカメラを持っているとより鮮明でインパクトのある写真を撮ることができるのでお勧めです。

    サンドバー 

    いよいよ天国の海と呼ばれる所以のサンドバーに到着します。

    事前に知っていた情報通り海の真ん中に砂浜が突如として現れますが、その広さに驚かされます

    ここが海のど真ん中なのかということ信じられないほどの広さです。

    ただ、写真のように、完全に砂浜が海上に出ることは稀らしく、だいたいが水位が膝下の位置にくることがほとんどだそうです。

    船頭さんが碇を下すとツアーガイドに上陸するよう促されます。

    サンゴでできた砂浜なのでごつごつしているのではと不安になりましたが、想像よりも遥かにサラサラしていて心地よいくらいです。

    私が行った時も水位も足首からふくらはぎにかけてがつかる程度のためみなさんカメラをもって記念撮影に興じていました。

    ただし、船が座礁しないように多少深さのある所に碇が下ろされているので深いところでは胸くらいまで水位がありますので、カメラは防水がいいですし、小さなお子さんと一緒にくる場合は注意が必要です。(ライフジャケットは支給されます)

    サンゴ礁と色とりどりの魚

    記念撮影を一通り終えると、参加希望者はライフジャケットを着用し、いよいよサンドバー周辺のシュノーケリングが始まります。

    まずは全員でまとまってシュノーケリングポイントであるサンドバーの端まで歩きます。

    到着すると、いきなり陸地が消え真っ暗な海が広がっているという不思議な光景を見ることができます。

    そして、ガイドの指示に従って全員がまるで行列作るかのように連なってサンドバーと海の境目を泳いでいきます。

    下を見ると、右手側にはサンドバーの正体のサンゴ礁と、その周辺を泳ぐ色とりどりの魚たちを見ることができます。

    そして左手側には深さ数百メートルはあろうかという海が広がっていました。

    非常に幻想的で、まさに天国の海といえます。

    訪れた人たちは必ず来てよかったと思うことでしょう。

    注意点

    トイレがない

    港にトイレが設置してありますので出発前に済ませましょう。

    貴重品の管理

    船上にセーフティボックスはありません。

    盗難防止のために防水用カバン等で身に着けて持ち歩くか、ホテルの金庫等に入れておきましょう。

    気温に注意

    私は3月にハワイを訪れましたがそれでも少し肌寒く、ハワイが冬の期間11月~4月の期間は避けた方が無難です。

    ハワイといえども冬で、且つ、海の上ですのでかなり肌寒いです。

    どうしても上記の期間に訪れる場合は防寒対策をしっかりしておきましょう。

    天国の海のオススメ度

    わたしのオススメ度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9点/10点

    お勧めする最大の理由は、見どころがたくさんあることと、海のきれいさにとても感動することです。

    1点減点したのは、ハワイが冬の期間に訪れたために結構肌寒かったからです。

    しっかり防寒対策していけば、オールシーズン10点満点になるでしょう。




  • モーツァルトの生家の観光情報を紹介!!オースラリアの観光スポット

    世界一の博物館!!大英博物館の観光情報を紹介!!イギリスの観光スポット

    関連記事

    1. 11~4月、冬のハワイ旅行の服装や注意点
    2. ハワイの穴場ビーチ!!「天国の海」ラニカイビーチを写真付きで紹介…
    3. ココヘッドを写真付きで紹介!! ハワイの観光スポット 感想/行き…
    4. 【2019年度版】ハワイ旅行の前に知っておきたい!治安の良い地域…
    5. ハワイ島のマウナケア山・登山ツアーに参加してきました!!
    6. わたしが登山にハマったきっかけ!!ダイヤモンドヘッドの観光情報を…
    7. 【ハワイ旅行】これだけは知っておきたい!ハワイの注意点・タブー

    おすすめ記事

    1. アメリカの有名な美術館を9館紹介
    2. セブ島のスーパーマーケットで買えるばらまきお土産を紹介!
    3. ディズニー旅行記 上海ディズニーランド カリブの海賊などのアトラクションの見どころを紹介

    カテゴリー

    PAGE TOP