イギリス

イギリス国立肖像画美術館(ナショナル・ポートレート・ギャラリー)の観光情報を紹介!!イギリスの観光スポット

  • イギリス国立肖像画美術館(ナショナル・ポートレート・ギャラリー)について

    イギリス国立肖像画美術館(ナショナル・ポートレート・ギャラリー)とは

    通常、ナショナル・ポートレート・ギャラリーと呼ばれる、名前の通り肖像画専門の美術館で、ナショナルギャラリーの別館にあたります。

    ナショナルギャラリーのすぐとなりに位置しているので、間違って入ってしまう人も少なくありません。

    ナショナル・ポートレート・ギャラリーは、「ポートレート」=「肖像画」と名前の通り肖像画を発端とした、写真、イラストなどが展示されています。

    展示されいてる美術品の数はなんと1400点にも上り、肖像画、イラスト、写真、彫刻などが年代別に展示されています。

    近年活躍している著名人からイギリス史に登場する人物まで幅広く扱っており、実際に歴史を旅している感覚を味わえる美術館です。

    イギリス国立肖像画美術館(ナショナル・ポートレート・ギャラリー)の見どころ

    歴史上の人物を見ることができる

    まず何と言っても歴史上の人物の顔を間近で見られることです。

    もちろん御用絵師が、注文に応じて改変したりもしたことでしょう。それでもその時代を生きた人間の顔を見られるというのは、魅力ですね。

    例えば日本でも有名なエリザベス一世時代の有名な人々にも、ここに来れば会うことが出来ます。

    歴史とは単に時の流れではなく、そこに生きた人間が作ったものです。

    それを感じさせてくれる1つ、肖像画を見ることが出来るのが、この美術館の最大の魅力なのです

    肖像画

    肖像画というのは、特に昔の王族貴族の場合、自分の当時の偉大さも証明してくれる媒体だったのです。

    なのでできるだけその人物の生きた当時の、肖像画の大家に描かせようとしたことは間違いありません。

    しかし歴史の流れの中に、その画家も埋もれてしまうことがあります。

    肖像画の作者の名前の中には、今でも有名な画家が多く存在します。逆を言えば、あの画家は肖像画も描いていたのかと、驚いてしまうこともあります。

    しかし中には、当時は有名だっただろうに今では、作者不明になっている画家もいるのです。

    人物の表情がすごく素敵だとか、特徴がよく描かれているとか、誰が描いたのだろうと見てみると、作者不明になっていることもあります。

    そんな時にもふと、歴史と時間の長さを感じてしまうのです。

    写真

    歴史上の古い人物だけではなく、近年の有名人の写真なども展示されているので、それもまた興味深く鑑賞できます。

    写真だけでなく、肖像画になっていることもありますので、こちらも楽しむことが出来ます。

    昔の肖像画との表現方法の違いも、かなり面白いですね。

    特別展示もありますし、そういった場合にはイギリスの有名人に限ることがないのも、ちょっと楽しいですね。

    M・ジャクソンの特別展示なども開催されましたので、興味がある方は調べていくとなお楽しめると思います。

    注意点

    さして注意することもなく入館できますが、そこそこセキュリティは厳しいので、荷物は少なめにするのがおすすめです。

    また隣のナショナルギャラリーと間違うことが多々ありますので、どちらかが目的の場合気をつけてください。

    服装/持ち物

    ドレスコードなどはないので、気軽に入れます。

    荷物はクロークに預けることを推奨します。

    かなり小ぶりの美術館で、さっと流して見るだけなら1時間あれば充分楽しむことができます。

    イギリス国立肖像画美術館(ナショナル・ポートレート・ギャラリー)への行き方

    トラファルガー広場の直ぐ側にありますので、そこまで行けば簡単にアクセスできます。トラファルガー広場散策の後に寄るのもいいですね。

    駅は、ロンドン地下鉄のチャリング・クロス駅が最も近く、そこから徒歩でもすぐに到着できます。

    営業時間

    午前10時開館で午後6時が閉館になります。

    金曜日のみ夜9時まで開いていますので、この日はゆっくりと鑑賞することが出来ます。

    値段

    基本無料です。寄付は大歓迎だということですので、お財布にゆとりがあったら少額でも寄付するのもいいですね。

    特別展示に関しては、有料になることもありますので、そこも要チェックです。

    イギリス国立肖像画美術館(ナショナル・ポートレート・ギャラリー)のオススメ度

    わたしのオススメ度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10点/10点

    自分はイギリス史にそこそこ興味があるので、非常にここは楽しくというよりも、ここ目当てでロンドンに行きました。

    なので点数は少し高め。

    特にジェーン・グレイの肖像画を見られたのが、もう感動的でした。

    子供連れ場合、欧米の美術館は子供はお断りのところもありますし、静かに鑑賞が基本です。

    しかも肖像画ですので大概の子供は退屈する恐れがあります。

    そのため美術館という場所柄、子連れにはおすすめが出来ません。

    ファミリーも同じくで、歴史に興味のない場合は家族全員で行っても楽しめない感があります。カップルにはあまり、デート場所としてはおすすめできそうもありません。

    一人旅の場合は、小ぶりでしかも無料の美術館なので、少しでもイギリス史を知っていれば楽しめます。

    グループの場合、歴史好きでの旅ならオススメですが、そうでない場合は他の観光スポットに訪れるのが無難。

    終わりに

    美術館の中でも肖像画だけという、ちょっと変わった美術館です。

    歴史だけでなく、人間に興味のある人、人間の顔に興味のある人には、大いに楽しめる美術館です。

    意外な発見がこういった特殊な美術館にはあったりもします。ロンドンに行った際には、足を運んでみてください。




  • 映画「ナイトミュージアム」の舞台!!アメリカ自然史博物館の観光情報を紹介!! アメリカの観光スポット

    景福宮(キョンボックン)の観光情報を紹介!!韓国の観光スポット

    関連記事

    1. ロンドン・アイの観光スポットを徹底紹介!! イギリス・ロンドンの…
    2. 【イギリス旅行】レストランを楽しむためのマナーと常識
    3. 世界一の博物館!!大英博物館の観光情報を紹介!!イギリスの観光ス…
    4. イギリス王女も処刑した!ロンドン塔の観光情報を紹介!!イギリスの…
    5. 初めてのイギリス旅行!! 初めて海外旅行へ行く方必見!! イギリ…
    6. 【2019年度版】ロンドンへ行く前に見て欲しい!ロンドンの治安の…

    おすすめ記事

    1. アメリカの有名な美術館を9館紹介
    2. セブ島のスーパーマーケットで買えるばらまきお土産を紹介!
    3. ディズニー旅行記 上海ディズニーランド カリブの海賊などのアトラクションの見どころを紹介

    カテゴリー

    PAGE TOP