アメリカ

映画「ナイトミュージアム」の舞台!!アメリカ自然史博物館の観光情報を紹介!! アメリカの観光スポット

  • アメリカ自然史博物館について

    アメリカ自然史博物館とは

    ニューヨークのウエストサイドにある1869年創設のそれこそ歴史ある博物館です。

    アメリカの歴史や自然のみならず、世界各国の展示も行われていて、子供だけではなく大人も楽しめる博物館の1つです。

    特に自然や歴史に興味のない人にも、楽しめる作りになっていますので、一人旅でも家族旅行でもぜひ言ってほしい博物館です。

    さらに、あの有名な映画「ナイトミュージアム」の舞台となった博物館でもあります。

    アメリカ自然史博物館の見どころ

    博物館として

    その名の通り、アメリカの歴史や自然を研究展示している博物館です。

    近くにあるメトロポリタン美術館があまりに有名なので、こちらは見落とされがちですが、一見の価値のある博物館です。

    今は滅んでしまった野生の動物たちにも、この博物館では会うことが出来ます。

    世界各国の、代表的な国のアウトラインの展示もありますが、これがあまりに的外れというか時代遅れなので、逆に笑ってしまうこと請け合いです。

    普通のアメリカ人が、日本人や日本をどう見ているのかも、何となく理解できてしまいます。

    このあたり、いい加減に作り変えをして欲しいところですね。

    巨大な博物館で規模が違う

    普通の日本の博物館に比べて、何しろ大きいのが特徴です。

    とは言え、メトロポリタンに比べるとそれなりに小さめなので、1日で全部見て回ることも可能です。

    チケットの購入ラインが恐ろしく混雑していても、中に入ってみると人気が少なくも感じます。

    いかに大きな博物館か、それだけでの実感できます。おかげでゆっくりと展示物を鑑賞できますし、ベンチで休憩することも可能です。

    入り口の恐竜の化石

    勿論内部でゆっくりと自然史を楽しむことも出来ますが、まず入り口での恐竜のお出迎えで度肝を抜かれます。

    恐竜の骨格標本が、入り口ロビーに陣取っているのです。お子さんならここで釘付けになってしまいますね。

    チケット購入ラインが長くても、この恐竜を見ているとチケット待ちの行列など短い時間、あっという間という感じがしますね。

    地球自体の長い歴史を、入り口ですでに感じさせてくれるのです。

    勿論博物館内部の展示にも、恐竜の部屋がありますので、恐竜ファンはそこでも大いに楽しめるというわけです。

    海の生き物の展示や宇宙も

    自然史というと何となく、陸の生き物と自然という感覚がしますが、この博物館には海の生き物の展示もされています。

    コーナーに入ってまず驚くのは、巨大なクジラが宙に浮いている姿です。

    このコーナーは明かりも抑えてあって幻想的な雰囲気なので、ベンチでゆったりと鑑賞する人が多かったです。

    またこの博物館には、ヘイデン・プラネタリウムという施設もあります。

    宇宙の神秘もまた、味わうことが出来るのです。

    4階の恐竜

    入り口の恐竜の化石とは別に、4階にも恐竜の化石が展示されています。

    入り口には一つしか恐竜が展示されていませんが、4階にはT・レックスを始め、様々な恐竜の化石が展示されています。

    4階がアメリカ自然博物館の最大の目玉になっているので、アメリカ自然博物館に訪れた際には、是非4階を見学して行って下さい。

    注意点

    かなり安全になったニューヨークですが、それでも貴重品は手元に置いておきたいですね。

    大きな荷物や冬のコートは、クロークで無料で預かってくれますが、貴重品は手元にしっかり置いて下さい。

    また館内の証明が抑えめなので、周囲への注意や、お子さんの迷子にも注意して下さい。

    服装/持ち物

    広い館内ですし、入り口でチケットのための行列を作ることもあります。動きやすい服装で、歩きやすい靴がおすすめです。

    かなり歩き回ることになるので、荷物は小さめにして下さい。

    もしどうしても大きな荷物、バックパックとかがあるならクロークに預けてしまいましょう。

    アメリカ自然史博物館への行き方

    ニューヨーク・マンハッタンの81丁目8番街に面しています。

    最も面倒がないのは、ニューヨーク市の地下鉄ライン、I、N、Dいずれかで自然歴史博物館駅で下車です。

    この駅からは博物館まで連絡通路が通っています。

    営業時間

    アメリカのこういった施設によくあることですが、営業の時間については日によって違いがあります。

    10時から午後5時45分が一般的なオープン時間ですが、日によってクローズの時間が違ったりします。

    週末は遅くまでやっていることもあるので、HPなどで確認して下さい。

    入場料

    普通の入場料は、大人23ドル、2歳から12歳までの子供13ドル、シニアと学生は18ドルになっています。

    アメリカ自然史博物館のオススメ度

    わたしのオススメ度 ☆☆☆☆☆☆☆☆ 8点/10点

    正直なところ見ごたえもあるし、ゆっくりと鑑賞できるのでもっと点を上げたいのですが、世界各国の情報が古すぎるのが減点の理由です。

    もっとこまめに展示や情報の刷新をして欲しいですね。

    子連れの旅行の場合、展示品への興味がお子さんは大きいいので、楽しめること請け合いです。

    ただ親は、迷子などかなり気を使うので、その点が少し気がかり。

    ファミリーでの訪問なら、お子さんが小さすぎなければそれぞれの興味で動けるので、オススメです。

    待ち合わせ場所の確認を、忘れないようにして下さい。

    終わりに

    巨大な博物館ですし、脚が強くないとかなりきついということもあります。

    ただし欧米の美術館や博物館の場合、スペースがしっかりと確保されているので、休憩場所には事欠きません。

    疲れたら展示品を見ながら、ベンチで休憩もできます。

    実際にこうした分野に興味のない人でも楽しめる博物館ですが、ここを見たのがきっかけで、アメリカ史とか自然史に興味を持ってもらえたら嬉しいですね。

    まあ恐竜の骨格標本だけでも、見る価値はあると断言したいのも事実です。




  • ヴァチカン市国の見どころを紹介!!ディズニーランドより小さいヴァチカン市国

    イギリス国立肖像画美術館(ナショナル・ポートレート・ギャラリー)の観光情報を紹介!!イギリスの観光スポット

    関連記事

    1. フォートトライオンパークの観光情報を紹介!!アメリカの観光スポッ…
    2. アンテロープキャニオンの観光情報を紹介!! アメリカの観光スポッ…
    3. アメリカ、ドライブ旅行に行く際に押さえておきたいポイントは?
    4. 犯罪多発地域に注意!! アメリカ・カルフォルニアの治安を徹底解説…
    5. サルベーションマウンテンの観光スポットを紹介!! アメリカの観光…
    6. サンタモニカピアの観光情報を紹介!! アメリカの観光スポット
    7. ヨセミテ国立公園の観光情報を徹底紹介!! アメリカ・カルフォルニ…
    8. アメリカ・バージニア州 オススメの滞在エリアとホテルを紹介

    おすすめ記事

    1. アメリカの有名な美術館を9館紹介
    2. セブ島のスーパーマーケットで買えるばらまきお土産を紹介!
    3. ディズニー旅行記 上海ディズニーランド カリブの海賊などのアトラクションの見どころを紹介

    カテゴリー

    PAGE TOP