中国

広さ世界一!!天安門広場の観光情報を紹介!!中国の観光スポット

  • 天安門広場について

    天安門広場とは

    天安門広場と言えば、中国北京の中心地に位置する有名な場所です。

    天板門事件が起こった場所としても有名ではないでしょうか。

    中国国内でも天安門広場は有名な観光地なため、特に休日は観光客と現地の人たちでとにかく混雑します。

    特に、10月1日の国慶節のときには日の出の国旗掲揚を見るために多くの人が訪れます。

    天安門広場の見どころ

    毛沢東の肖像画

    天安門広場と言えば、やはり天安門広場から毛沢東の肖像画。

    ニュースで1度は見たことがある人も多いでしょう。

    天安門広場からでなければ見られない場所であり、見所の1つです。

    この天安門をくぐると紫禁城(故宮)に入ることもできるので、天安門広場に訪れた際は、是非紫禁城(故宮)も観光して言って下さい。

    紫禁城の詳しい観光情報はこちらををご覧ください。

    広場

    天安門広場は、南北880m、東西500mにも及ぶ広大な広場が有名です。

    広場の大きさは世界最大!

    広場を横切るのも一苦労、その広さに圧倒されます。

    広場の中心には、「人民英雄記念碑」があります。

    広場の大きさから石碑は小さく感じますが、実際側で見てみると結構な大きさを誇ります。

    この石碑は中国の人民解放戦争と人民革命の中で犠牲になった英雄達を讃えるために、1958年に造られました。

    博物館

    天安門広場の周辺には博物館などがたくさんあります。

    中国国立博物館や毛沢東の博物館(毛主席紀念堂)などがありますので、興味が沸いた方は是非博物館を訪れてみると良いかもしれません。

    中国国立博物館
    毛主席紀念堂

    中国の博物館の中には無料のところも多いですが、パスポートを見せなければ入れない場合もあるため、常に身分証を持参しなければいけません。

    有料の場合も学生割引が通用する場合がありますので、大学生の人は学生証を持参すると良いでしょう。

    漢字で書いていても現地の人はある程度日本の漢字を理解できるため、学生の方は学割を存分につかいましょう。

    ショッピングストリート

    天安門広場から道路を挟んだ場所に紫禁城がありますが、その反対側に行くと前門というショッピングストリートがあります。

    場所はこの辺り

    非常に安い値段でお土産が購入できますから、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

    値切り交渉をしながら買い物をすることもできます。

    中国では値切り交渉が当たり前です。

    外国人という時点でかなり高い値段を言われますので、言い値で購入しないように気をつけましょう。

    よく治安が悪いと思われがちですが、そこまで治安が悪いわけではないので、安心して買い物を楽しんで下さい。

    注意点

    入場規制

    先ほど、中国の大型連休は避けた方が良いという話をしましたが、大型連休以外であっても、例えば外国から重要な人物が北京を訪れている場合など、天安門広場に入れないこともあります。

    そのため、中国を訪れるのであれば旅行代理店などに相談した方が良いでしょう。

    せっかく中国に行ったのに、天安門広場に入れなかったら非常にもったいないです。

    トレイがない

    また、トイレがないので特に子連れの場合は注意が必要です。

    1番近いトイレは駅のトイレか、ショッピングモールに入っているトイレかもしれません。

    また、そもそも中国のトイレは日本のトイレほど奇麗では無いですので、特に子供がいる場合は気をつけましょう。

    セキュリティーチェック

    天安門に入るときにはセキュリティーチェックを受けなければいけなくなる場合もあります。

    ライター等は持っていても構いませんが、スプレー缶などは爆発物とみなされ、だめだと言われる場合があります。

    もしも夏場に北京に行くのであれば、女性は制汗剤等を持ち歩かないようにしましょう。

    虫刺され対策用のスプレーなども注意が必要です。

    道路を渡る際は

    天安門広場の周辺の道路は渡ることができません。

    地下道を通って渡る必要があるため、もしも反対側にいた、などという場合は地下道を探す必要があります。

    天安門広場のオススメ度

    わたしのオススメ度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10点/10点

    中国北京の天安門広場は世界的にも有名な場所ですから、ぜひ見てみたいものです。

    ただし、たとえ中国の大型連休てはなかったとしても外国観光客が増える時期は混み合う可能性がありますので注意した方が良いでしょう。

    人が多い場合は入場規制がかかってしまうので、時期をしっかり選ばなければいけません。




  • イギリス王女も処刑した!ロンドン塔の観光情報を紹介!!イギリスの観光スポット

    フォートトライオンパークの観光情報を紹介!!アメリカの観光スポット

    関連記事

    1. 【香港旅行】香港ディズニーランドのお城やお土産などオススメポイン…
    2. スターフェリの観光情報を紹介!!中国・香港の観光スポット
    3. 映画「キングダム」の撮影地!!紫禁城(故宮)の観光情報を徹底紹介…
    4. 【香港旅行】初めてでも大丈夫!香港の交通機関を完全マスター
    5. ディズニー旅行記 上海ディズニーランド カリブの海賊などのアトラ…
    6. 龍の背中を歩こう!!万里の長城を写真付きで紹介!! 中国の観光ス…
    7. 中国のここはヤバイ!! 中国の治安の良い地域・悪い地域
    8. 【中国旅行】中国在住者が解説する!!中国の飲み物事情!!

    おすすめ記事

    1. アメリカの有名な美術館を9館紹介
    2. セブ島のスーパーマーケットで買えるばらまきお土産を紹介!
    3. ディズニー旅行記 上海ディズニーランド カリブの海賊などのアトラクションの見どころを紹介

    カテゴリー

    PAGE TOP